スタンド袋?ガゼット袋?食品包装に便利な袋の種類5選(写真付き)

食品パッケージを包む袋には様々なカタチがあります。
パケログでご紹介しているパッケージについて、簡単に特徴をご紹介します。

袋の形状

スタンド袋

スタンド袋、スタンドパック、スタンディングパウチなど、袋メーカーで様々です。底面にマチがあり、自立するタイプの袋です。開閉用のチャックが取り付けられたものは「チャック袋」などと呼ばれています。また、上部の両サイドにはノッチと呼ばれる切り込みがついており、開封しやすいように工夫されています。

スタンドパック

スタンドパック 底

スタンドパック ノッチ

パッケージについて、詳しくはこちら

平袋

名前のとおり、フラットな形状の袋です。若干は膨らみますが、側面にマチがないため、あまり厚みの原料には向いていません。

平袋

パッケージについて、詳しくはこちら

ガゼット袋

ガゼットとは、マチ付きのことです。両サイドにマチがついているため、平袋と比較するとたくさんの原料を包装することができます。

ガゼット袋

パッケージについて、詳しくはこちら

三方シール袋

製造過程で、三ヵ所(上、両サイド)が熱シールでとめてある袋です。平べったいため、ティーバッグやドリップバッグなどの包装によく使われています。また、両サイドの上部にノッチと呼ばれる切り込みが入っていて、開封しやすいように工夫されています。

三方シール袋

パッケージについて、詳しくはこちら

角底袋

底が四角になっていて自立する紙袋です。マチがあるため原料を多く包装することができます。

角底袋

角底袋 底面

パッケージについて、詳しくはこちら