話題!アクセサリーの収納に再利用できる「デザイン缶」パッケージ

使用後は、裁縫道具やアクセサリーの収納に!再利用できる缶パッケージ。

最近、可愛いデザイン缶のパッケージが注目されています。その特徴は、中身を消費した後も、裁縫道具やアクセサリーの収納に再利用できること。デザインによってはインテリアとしても使える缶は、女性向けの商品パッケージにおすすめです。

今回は、かわいいプチギフトを多数販売されている「コント・ド・フランス」さんの商品を参考に、缶を使った商品づくりのポイントをご紹介します。

紅茶
2g×5パック
800円
コント・ド・フランス
http://www.contesde.co.jp/

無地ベースにデザイン紙を巻いてオリジナル缶に

デザイン缶のパッケージをつくる場合、大きく4つの方法があります。今回は、オリジナル性を出しつつもコストを抑えることを考え、4つめの「無地の既製缶を購入し、ラベルなどを貼る」に注目します。

1.オリジナルの寸法・デザインで注文する。
2.デザインされた既製缶を購入する。
3.無地の既製缶にデザインの印刷を注文する。
4.無地の既製缶を購入し、ラベルなどを貼る。

ご紹介するのは、「コント・ド・フランス」さんの紅茶パッケージ。ベースは、シルバー無地の丸缶。粒々とした表面のサテン材(梨地)が素材に使われているため、光沢がなく上品な印象です。65×102mm(直径×高さ)の缶の中に、個包装されたティーバッグが5袋折りたたんで入っています。

デザインは、縁取りのない大胆なイラストと少ない文字で落ち着いた雰囲気です。ボディのイラストは、シールではなく紙が巻いてある状態。蓋の部分は、「ノンカフェtea ハニーブッシュ×ぐれーぷふるーつ」と小さく印刷された縦長のラベルが貼ってあります。

食品表示ラベルは、缶の底面に貼ることで、パッケージのデザインを損いません。印刷内容は、名称、原材料名、内容量、賞味期限、原産国名、製造者。そして「プラ」「紙」のリサイクルマークです。

統一されたパッケージ展開でまとめ買い

缶パッケージだけでも素敵ですが、コント・ド・フランスさんでは、同じテイストのデザインで商品展開されています。写真は、1辺が50mmの立方体の紙パッケージで、イチゴのイラストが直接印刷されたもの。紅茶1パックとキャンディーが入っています。統一したパッケージ展開をすることで、ギフト用にまとめて買ってもらうことも期待できます。

既製缶販売サイト

デザイン缶の製作において、製缶メーカーが必須です。国内に何社も存在しますが、インターネット通販で購入しやすいところで、大阪製缶さんが運営されている「お菓子のミカタ」というサイトがあります。ハロウィンなどのイベント時に使える可愛いデザイン缶。そして、ラベルや巻紙でオリジナル性を出せる無地(プレーン)缶。30~50缶単位で購入できます。

お菓子のミカタ(運営:大阪製缶)
https://www.okashinomikata.com/

投稿フォーム
商品パッケージに関する様々な情報を募集中です!お使いの資材メーカー、アイテム、サービスをぜひご紹介ください。